自分でシミを治療したいなら

シミは加齢によって誰でもできやすくなるもので、放置しておくと更に濃くなってしまい、治療が難しくなることもあります。かといって美容外科で高額なレーザー治療を受けるのには抵抗があるという人には、自分でもできる化粧品を使った治療がおすすめです。使用するのは、シミの原因であるメラニン色素の排出を促す美白成分を配合した美容液やクリームなどです。シミの原因はメラニンという黒色の色素で、もともと肌には一定量が存在しているのですが、強い紫外線を長時間浴びるなど、外部からの刺激によって大量に生成されます。

生成されたメラニンは肌のターンオーバーという細胞の生まれ変わりの働きによって排出されていくのですが、加齢などが原因でターンオーバーが鈍くなるとメラニンの排出がうまく行われず肌に残存してしまい、シミを作ってしまうのでs。美白成分にはメラニンの生成を阻害するタイプのものと、メラニンの排出を促進させるものとの二種類があります。すでにできてしまったシミに対しては後者のタイプが有効で、具体的にはビタミンC誘導体やハイドロキノンといった成分がそれに当てはまります。ビタミンC誘導体は美白成分としては古くから認知されている成分で、肌への刺激性が少なく、マイルドな使い心地でどのような肌の人でも使用しやすい成分です。

ハイドロキノンは非常に強い美白作用がある反面、肌への刺激が起こる場合があるため、肌との相性を確かめた上で使用することがすすめられます。いずれも即効性があるものではないですが、根気強く使用を続けることで症状の改善が期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です