生活習慣の指導も受けられる表参道の頭痛外来

表参道の頭痛外来には、辛い頭痛の悩みを抱えた多くの方が来院しています。頭痛に悩む日本人は3000万人超とも言われ、無視できない数字です。また頭痛の種類も350種以上あり、原因・対処ともに複雑です。表参道の頭痛外来では、まずは頭痛を引き起こしている疾患、例えばクモ膜下出血や脳梗塞の前症状などがないかについてレントゲンやMRI、CTスキャンなどを使って精密検査をしています。

原因になっている疾患のない頭痛は一次性頭痛、何かの病気に伴う頭痛は二次性頭痛に分類され、頭痛全体の9割が一次性の頭痛というデータがあります。二次性の頭痛については痛みを引き起こしている病気の治療が先決です。一次性の頭痛には、片頭痛や緊張性頭痛、群発頭痛などがあります。疾患がなく、いわゆる頭痛持ちと言われる一次性頭痛の患者さんに対しては、痛みを抑える対症治療がメインとなりますが、表参道の頭痛外来では頭痛を起こしにくくする予防的な治療にも力を入れています。

そのひとつとして、患者さんに頭痛ダイアリーをつけることを勧めています。これは頭痛の起こった時の気温や時間帯、食べた物、睡眠時間などを詳細に記録するもので、その方の頭痛の発現のきっかけとなる要素を知るのに役立ちます。表参道の頭痛外来では、頭痛ダイアリーの記録をチェックして睡眠不足や暴飲暴食など生活習慣についてのアドバイスをしたり、荷物の持ち方やデスクワーク時の姿勢などについても指導をしています。

Filed under: 煙草, 離煙パイプ

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website