表参道の頭痛外来で頭痛の種類を特定

頭痛は大変多くの方が抱える悩みです。日本人で頭痛に苦しむ方は3000万人以上というデータも報告されています。表参道には、頭痛の悩みを専門に受け付けて検査を行い治療や生活指導を行う頭痛外来のクリニックがあります。表参道の頭痛外来では、350種類あると言われる頭痛の種類に合わせて適切な治療を行うために最新機器を使って精密度の高い検査をしています。

レントゲンやMRI、CTスキャンを使った検査では、クモ膜下出血や脳梗塞の初期といった頭痛の元となる疾患の有無を調べることが可能です。元となる疾患がない頭痛は一次性の頭痛、そして何かしらの疾患があって頭痛が起こっている場合は二次性の頭痛に分類されます。二次性の頭痛であることがわかれば、その疾患の治療が第一です。頭痛全体のうち、90パーセントが一次性の頭痛です。

一次性の頭痛には片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛などがあり、痛み止めの対症療法が中心になります。また頭痛の発作が起きると激しい嘔吐が起こる方が多いので、痛み止めと吐き気止めがセットで処方されるのが一般的です。また表参道の頭痛外来では、頭痛が起きるきっかけを患者さん自身が知ることができるように頭痛日記をつけることを勧めています。頭痛日記では気温や天気、食べた物、生活上の特記事項などを細かく記入するようになっていて、頭痛が発症する時の傾向について把握できます。

また表参道の頭痛外来では、頭痛の起きやすい要因、肩こりや冷えなどを取り除く目的で漢方薬も取り入れています。

Filed under: 煙草, 離煙パイプ

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website