いつの間にかやめられる離煙パイプの魅力

離煙パイプは誰でも気軽に購入して使うことができる禁煙グッズで、1か月から2か月くらいの期間をかけてニコチン量を減少させていくことが可能です。医療機関で禁煙外来があるなか、自宅でグッズの利用による禁煙を目指す人が増えています。では、本当に市販されている離煙パイプで、タバコの悩みを解決に導くことができるのでしょうか。たくさんタバコを吸ってきた人でも離煙パイプを使いニコチン依存からの脱出を目指せるのは、徐々にニコチン摂取量を減らしていくことができる仕組みがあるからです。

使用するのはいつも吸っているタバコと離煙パイプで、順番どおりにパイプの先にタバコを取り付けて吸っていくだけの簡単な方法で進めていけます。1日に3%ずつニコチン量をカットしていく方法で、徐々に慣らされていくからピタッと吸わなくするよりもストレスを感じません。わずかな量の減り方だと脳も敏感に反応せず、イライラなどの禁断症状が出てしまう心配がないのも続けやすい理由です。毎日いつものタバコを吸いながらチャレンジして、1か月後にはニコチン摂取量を95%もカットすることが可能です。

ニコチン量をどうやって調節しているか、それはごくわずかにあけられた穴が関連しています。特許技術で開けられたナノサイズの穴が離煙パイプに空いていて、吸い込む空気が調節され摂取するニコン量をコントロールしています。薬や特別な成分を摂取しない方法だから、副作用の心配もありません。

Filed under: 健康, 煙草, 離煙パイプTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website