禁煙外来でも処方される離煙パイプ

病院の禁煙外来に行くと、効果の高い禁煙法を実践できます。導入されているものは安全性が高くて効果的なものばかりですので、自信がない人は医療の力を借りることも考えると良いかもしれません。信頼度を図る上での目安となる禁煙外来でも導入されるケースが増えている離煙パイプは、処方を受けなくても入手できます。病院に行くのが億劫だったり時間を取れない人でも、自分で管理しながら離煙パイプによる禁煙を始めることが可能です。

離煙パイプを使う場合、まずは注意事項をしっかりと確認しましょう。必ず守らなければならないのは、1から順番通りに使用すること、直にタバコを吸わないこと、1日に1つ使用することです。番号は適当につけられているわけではなく、その数に応じた割合でニコチンがカットされるようになっているため、順番通りに使わないと意味がありません。また、1本吸うたびにパイプを代えていたら、何本も吸う人は1日に一気にニコチンの量を減らすことになって、本来のストレスフリーな禁煙を実現できなくなります。

とても安全性の高いグッズですし効果も認められていますので、決められた通りに使用していれば満足のいく結果が得られるはずです。離煙パイプなら他のグッズを併用する必要もなく、普段通りにタバコを楽しみながら止められるのがメリットです。実際に利用した人たちの9割近くが禁煙に成功しており、残り1割も完全な禁煙には至らないもののほとんどのニコチンをカットできています。

Filed under: 健康, 煙草, 離煙パイプTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website