離煙パイプなら吸いながら禁煙できる

お酒と違ってタバコは百害あって一利なしと言われているし好品ですが、依存性が高く何度挑戦をしても禁煙に失敗し続けているという人も少なくありません。時代の流れとともに禁煙グッズもどんどん増え、最近では医療機関で禁煙外来なるものまで登場しています。健康を害するだけでなく、そのほとんどが税金と言われているタバコは年々値が上がり続けており、経済的にもかなりの負担となっていると感じている方も多いのではないでしょうか。数ある禁煙アイテムの中でも今人気が高まっている離煙パイプは、ずっと愛煙してきたタバコを吸いながら禁煙できる商品とあって、ほかのものと違ってストレスがなく、無理なく止められたという声が続出しています。

タバコにはニコチンに対する依存に加えて、タバコを吸うという行為自体に対する精神的な依存も強いと言われており、いくらニコチンに変わるもので代用してもタバコをくわえる行為が出来ないとストレスが溜まります。この離煙パイプは1から31番までのパイプを番号順に1日1本、今まで吸っていたタバコの先に付けて吸うだけで自然とニコチンが減らせていくので、誰でも高い確率で無理なく禁煙に成功することが可能です。どれだけ吸っても番号順にパイプを吸うことさえ間違えなければ、1か月経ったころにはタバコが吸いたくなくなる方がほとんどで、離煙パイプによる禁煙成功率は約90パーセントと言われています。何をやっても駄目だった方は是非挑戦してみてはいかがでしょうか。

Filed under: 健康, 煙草, 離煙パイプTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website