優れた仕組みを持つ離煙パイプ

離煙パイプの仕組みは他の禁煙グッズと比較すると少し特殊で、31日間を通して少しずつ体内のニコチン濃度を下げていくようになっています。タバコを吸っている人たちは体内のニコチン濃度が減ってくると吸いたい衝動にかられ、下がり幅が大きくなるとイライラしたり体調面に不調をきたすこともあります。これが禁煙を難しくしている要因であり、離脱症状には多くの人たちが悩まされているのが現状です。そんな中、離煙パイプは画期的な仕組みを作り出して離脱症状を緩和することに成功していますので、多くの国や地域で愛用されています。

セットになっているパイプは全部で31本です。1から31までの番号がふられていて、その番号の通りに使うのが鉄則です。1番はマイナス3%、2番はマイナス6%という風に、3%刻みでカット率が上がっていきます。最終的には31番目は95%のカット率になっており、ここまで到達するとほとんどニコチンは含まれていません。

いきなり95%ものニコチンがカットされると違和感を感じますが、毎日少しずつ減らしていますので、違和感を感じることもなく濃度が下がったことによる影響もない状態です。このように優れた仕組みを持つ離煙パイプは、日本製ということで安全性や信頼度という点でも評価されています。高い品質を保ち、その優れた仕組みによって禁煙をしっかりとサポートしてくれます。病院に行かなくても入手できますが、相談しながら進めたい時には病院で処方してもらいましょう。

離煙パイプのことならこちら

Filed under: 健康, 煙草, 離煙パイプTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website