旅行には感激が不可欠だ
2019年4月9日

富士山を登山する時の服装

富士山の登山計画を立てている時には、ルートをどうするか考えたりしながら、当日の持ち物の準備を進めていきます。

リュックサックの中に入れるものはある程度決めやすいのですが、服装となると夏場なので涼しい格好がいいのかどうかと悩みがちです。高山となりますし、ご来光を見ようと考えている早朝の4~5時代は、実は相当寒いです。真冬並みで0~5度程度という低温ですから驚かされるのではないでしょうか。富士山登山口五合目辺りは春先の約20度前後なので、春先の格好になるのですが、登っていくにつれ気温が下がって真冬になるので重ね着をするというようなイメージとなります。

富士山の登山を安心して楽しむには、温度調整がしやすいように着脱がしやすい服装をまず用意し、ズボンも軽くて動き安い物を用意しておきましょう。お洒落も楽しみたいのですが、かなり冷え込みますし、ジーンズだと固くて足を動かすのがつらくなったりしてきます。

靴下も重ね履きができるように幾つか持っておくと安心ですし、帽子や手袋も忘れずに準備して挑むようにしましょう。服を新調するべきかどうか悩むと思いますが、特にその必要はありません。これから何度も出かけようと思うのであれば、服や靴もこれからのために準備しておいても差し支えないのですが、一度行くだけというのであれば、動きやすく汚れても良い服などを選びましょう。歩き回れて丈夫で軽くて温かい衣服を上手く組み合わせて、景色を楽しんで下さい。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *