旅行には感激が不可欠だ
2019年4月6日

初めての富士山登山で気を付けておきたい事

元気なうちに富士山へ登山してみたいと感じている人が多いと思いますが、準備をほとんどせずにいきなり登ろうとすると、怪我や病気の可能性が高まるので注意が必要です。

運動をほとんどしていない人は、下半身に負担が掛かりやすく、足がつる場合がある事から、登山をする数ヶ月前から運動習慣を身に付けておく事が大切です。通勤や通学で歩く時間が少ない時は、駅や学校の階段を積極的に使うのが良く、休日はウォーキングをして体力を付けるのがおすすめと言えます。富士山の登山スケジュールをしっかり練っておく事も大切で、天候が急変しやすい富士山の天気や、登山コースの特徴も頭に叩き込んでおきましょう。

なお、初めて登山する場合は、難易度が比較的易しいとされている山梨県側の吉田口から登っておくのが良く、休憩出来る施設が多くあります。富士山は、周囲に同レベルの標高の山が全く無い独立峰である事から、夏であっても風が強くて常に肌寒い環境で登らなくてはなりません。

体感温度が一桁になる事も不思議では無く、特に雨が降った場合はブルブル震えてしまうレベルになるので、撥水加工の上下と保温性能の高い肌着を身に着けるのが良いでしょう。体温を下げないためには、温かい飲み物やすぐに体のエネルギーになる糖質が多い食品を持って行くのがおすすめです。食品は、羊羹・バナナ・チョコレートなどが良く、これらの食品は持ち帰るゴミの量も少ないので、下山時の荷物負担を抑えられるメリットもあります。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *