旅行には感激が不可欠だ
2018年6月24日

富士山の登山に行く時の装備とは

富士山の登山に出かけるときには軽装で出かけることは好ましいことではありません。

日本国内でもトップクラスの高い山であり、非常事態に備えた格好をすることが大事です。まず富士山登山で必要なものはウインドブレーカーです。突然の雨や風に寒さなどから身を守るために必要ですから、季節に関係なく持って行きましょう。また携帯サイズの体を温めるシートを持っていくことで、寒くなった時の休憩も楽になります。

富士山では山小屋が存在し救護する場所もありますが、それらは本当に治療が必要な方の専用の場所ですから、大したことのないケガならば自力で対策できるキットを持っていくことも大事です。また靴は一番重要であり、底の硬い靴を必ず履いて行きましょう。柔らかい靴を履いて行くと疲れやすくなったり、踏み外してしまうこともあるので、泥濘や硬い岩を踏みぬいても足に痛みが出ないような底が頑丈な登山靴を履いていくことがベストです。

途中売店がありますが、水分はなるべく一日の必要量を持っていくようにして、万が一の時に備えて非常食を持っていくのも肝心です。装備品が多ければ多いほど危険なときにあってもそれを回避できますので、登山者の多い山だからと言って油断するのではなく、自然の中で自分の身を守ることができるのは自分しかいませんから富士山の登山に出かけるときには、防寒と非常食に携行食や装備品には気を配って最悪の事態を想定した装備で行きましょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *