旅行には感激が不可欠だ
2018年5月9日

富士登山ツアーで利用する山小屋

富士登山ツアーに参加する時によく利用するのが、各合目にある山小屋です。

ここは宿泊できたり、休憩するところですが、観光地などのホテルとは違い洗面台やお風呂などがない共同スペースになります。富士登山ツアーでは3200mのところにある山小屋はバスを降車した5合目から8合目の間にあります。非常に立地の良い利用しやすい場所に位置しています。7月後半から8月中旬までは登山のピークになりますが山頂の手前はかなり混み合うことがあります。

これにより、午前12時ごろに出発し山頂でご来光を拝むことができるように早めに出発するガイドが多いのが特徴です。無駄に体力を使わないようにするために、余裕を持って出発することがおすすめになります。そして、2390mにある初心者の初登山にちょうど良い山小屋がここにあります。バスを降車し5合目から6合目の山小屋までは、ゆっくり歩いても40分前後で到着できます。東京から出発することを前提とすると、富士登山ツアーで標高差が2400mありますのでここで一度就寝してから体を休めると、翌日の登山も気持ちよく軽やかに行えます。

そして、高山病の予防にもなり安心できます。夕食は野外でバーベキューの食べ放題になります。この山小屋のオーナーが調理をして振舞ってくれますので、体力は一切必要ありません。思いっきり食事を楽しむことに集中することができます。そして、早めに就寝をして夜中の2時ごろに出発をします。標高3250mにある山小屋は、5合目から休憩を含み4時間程度で到着できます。登山をするにあたって、中間の程よいエリアに位置しています。目の前には箱根や伊豆半島、東には房総半島を見ることができ景観がずば抜けて良いことも挙げられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *